貸しおしぼりに関する知識をつけるならココ!

新着記事

  • 安全性と品質管理

    なにげなく私たちはおしぼりを使っていますが、おしぼりを使っていただく会社にとっては、私達が知らないぐらい安全性に追求していますし、その衛生基準や品質管理の行い方は驚くほどしっかりされています。

おしぼりについて

まずはココから業者をチェック!貸おしぼりのレンタル業者は比較しながら選びましょう。あなたに合った業者探しをお手伝いします。

白いおしぼり二つ

まず私たちの日常のなかで、いや生きていく上で必要不可欠なのが食事です。
自宅で食事をする際には、あまり使われていないと思いますが、自宅以外で食事する場合、例えばお食事処であったり、居酒屋に行ったすると、みなさん必ず始めにお店側からもらうのは、おしぼりですよね。
食事をするのに、その日、一日の手の汚れや疲れを取るのに、非常にありがたい品物です。
そもそもおしぼりが日本で使われ出したのは、いつ頃かご存じですか?皆さん気にしたことがないと思いますので、知らないと思いますので、ここで少しお話させていただきます。
おしぼり江戸時代の頃から使われていたそうです。本格的に使われ始めたのは戦後からです。1960年代なかばぐらいに、アメリカからレンタルシステムとして取り入れ始められたのがきっかけです。その取り扱われいていた布おしぼりが日本の国内に入ってきました。
布おしぼりはお店側にとって少し経費もかかることから、1973年に紙おしぼりが布おしぼりの代用としてパルプを素材とした登場してきたそうです。おしぼりも用途や種類はさまざまです。
おしぼりの重要性や、おもてなしとして、今ではかなり使用の用途として幅が広がってきており、現在の日本では食事をする場所でとどまらず、会社のオフィスのお客様の対応時や、自動車業界での見積り時の商談なども使われているとこも増えてきています。
そんな、日常の中でよく見かけるおしぼりはどのように流通しているのでしょうか。

ピックアップ

  • おしぼりの重要性

    なぜここまで、おしぼりは世の中から必要とされていて、私達の生活の中に当たり前のように、存在しているのか。おしぼりの重要性とはどれほどまでなのか。貸しおしぼりとはなんなのかについてです。

  • おしぼりのメリット

    これからお店をオープンされる方や理容店などを経営される方、さまざまな場所で使われるおしぼりですが、そんな方に貸しおしぼりの利用に対しメリットとしてどうなのかについて述べていきたいと思います。